2018年01月24日

朝のチョンキンマンション


2018.1.16

九龍公園をあとにし、さらに南へ向かう。

そういえば重慶大厦(チョンキンマンション)てこの辺だったよなと思い、

ビルの名前を注意深く見ていく。

こういうとき、あえてグーグルマップは使わない方が面白い。



P_20180116_140033.jpg

見つけた!

重慶大厦(チョンキンマンション)。

文庫本の深夜特急も読んだし、

映像化された大沢たかお主演のドラマ深夜特急も見ている。

ここでロケをしたのか。

そう考えるとなんだか感慨深い。

映画「恋する惑星」も確かここが舞台だったような。


DSC03649.JPG

インド系の人が入り口に数人いて、

入り口から入ろうとすると声をかけてくる。

日本語がわからないふりをすると、

今度は韓国語だ。

スルーし、そのまま入ってみる。

突き刺さる視線。

少し異様な雰囲気だ。

カレーの匂いがする。

まだ朝早いからか、

たくさん並んでいる両替所は閉まったままだ。

奥の方へ行ってみると、

数件の飲食店が開いている。

DSC03648.JPG

インド系、中東系、アフリカ系の人ばかりだ。

特にアフリカ系の人はゴツくて背が高い。

DSC03644.JPG

ジロジロ見られるので恐怖を覚える。

上半身裸だったりするからなおさらだ。

まるでマンションの入り口が国境だったかのような錯覚に陥る。

香港の街中を歩いていたときと雰囲気がまるで違う。

歩き回るには少々の勇気が必要だ。

DSC03646.JPG

上の階に行ってみようとしたが階段は見当たらない。

無数にあるエレベーターを使うのだろうか。


昼になったら旅行者も増えるだろう。

ほとんど見かけることなくチョンキンマンションを後にした。

DSC03645.JPG

2000年頃までは相当治安が悪く、

近づけない雰囲気だったようだが、

今ではインド人街だと思えばそうでもないのかなと感じた。


いつも1クリックありがとうございます。
日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村
posted by 河田 at 20:34| Comment(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: