2018年04月30日

雨の日の三郡山〜宝満山縦走

2018.04.17

再び、会社の先輩に、
「三郡山から前回登った宝満山まで縦走してみない?」
と誘いを受けたので、行ってきました。

最初の目的地は出発地点の九郎原駅。
朝一の電車に先輩と乗り込むものの、
行くべきか悩んでいる先輩。
天気予報によると、昼から雨マーク。

そうこうしているうちに九郎原駅に到着。
一日の乗車人数10数名という小さな無人駅。

地図を確認し、
まずは内住川沿いに民家のある道路を歩き、
登山口を目指します。

DSC04088.JPG

山道に差し掛かると、
落石注意の看板を頻繁に見かけます。

DSC04091.JPG

あっ、
がけ崩れで道が塞がってる( ;∀;)

終わった・・・。

引き返すことになると思ったけど、
わずかに通れる道を見つけ、
そっと通りぬけました。

危険すぎるので、
絶対に真似したらいけない行為です。

DSC04109.JPG

その後も道なりに行くものの、
ところどころ崖が崩れていたり、
落石の跡があったり、
ここ最近は人が通った形跡がありません。

内住峡橋。

DSC04107.JPG

ガードレールが変なエグれかたしてますが(:_;)

DSC04104.JPG

水の透明度がすごい。


登山口から山道に入ると、
急に険しい山道になります。
要所要所に目印がありますが、
これがないと確実に道に迷い、遭難必須。

DSC04119.JPG


DSC04125.JPG


DSC04126.JPG

ピッコロの魔貫光殺砲みたい。
自然の生命力はすごいです。


山道の途中では全く音のしない耳鳴りするくらい、
本物の静寂の場所も通ります。




砥石山と三郡山の分岐点に差し掛かった時、
恐れていた雨が降り出しました。
小雨ですが、100均で買ったカッパをきます。
当たり前ですが本当は登山専用のレインウェアを着た方が良いです。

砥石山山頂を諦め、
三郡山山頂を目指します。
雨はやむ気配なし。


DSC04144.JPG
三郡山山頂に到着。
悪天候だからか人は全然いません。

DSC04143.JPG

軽く昼食をとり、
一旦道路に出て、
宝満山へ向かいます。

山頂から山頂を目指す縦走は初めての体験でしたが、
登るのと違い、意外と快適でした。


以前登った宝満山山頂が見えてきましたが、
雨の為今度は下山していきます。

さすがにこちらのルートは人気があるのか、
雨の日でも人とすれ違います。

無事かまど神社に到着。

休憩入れて約7時間程の道程。
気持ちの良い疲れと共に帰宅後、爆睡しました。

【関連する記事】
posted by 河田 at 20:00| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: