2018年05月02日

絶景の風師山へ

2018.04.22

先輩から「今度は門司の風師山(かざしやま)に行ってみない??」
とのことで付いて行きました。
標高は362mと、そこまで高くないので今回は軽装備です。


まずは門司港駅の手前、小森江駅で下車。

29_kazashi_map.png
日本山岳会 風師山登山マップ

上のルートマップとは逆に回ります。

住宅街を抜け、山道を歩いて行きます。
最初の目的地は矢筈山キャンプ場。

DSC04146.JPG

DSC04149.JPG

キャンプ場までは車両で行けないので、
徒歩で行くことになります。
門の横を通り抜け、山道をひた歩きます。
ほどなくしてキャンプ場に到着。

DSC04156.JPG

DSC04157.JPG

DSC04159.JPG

戦争をイメージさせるような不思議なキャンプ場だなと思い調べてみると、
なんと明治時代に陸軍が建設した兵舎や弾薬庫らしく、
それをそのままキャンプ場として使用しているとのこと。

「ここ幽霊でるんじゃね?捕虜の拷問とかで使われてたんじゃ・・・」
と、ビビり気味の先輩。

確かに雰囲気あるけど、実際に戦争で使用されたことはないようです。
「おもしろそうだから、今度ここでキャンプしましょうか?」
と先輩に言ってみるものの、
「俺、稲荷神社と、こういう所はダメなんだよ。狐と幽霊はどうもなぁ」
とのこと。

設備が整っていて、予約しておけば薪と食料以外は無料なんだけどなぁ。
ほぼ手ぶらで来れるのに。

矢筈山キャンプ場

関門海峡が見渡せますが、
あいにくモヤでほとんど見えず。



少し休憩して、
今度は風師山の山頂を目指します。

DSC04172.JPG

DSC04175.JPG

予想していたより上り坂が続きます。
それにしても道の脇はイノシシが掘り起こしたのか、
ボコボコになっています。

DSC04178.JPG

山頂に到着。
本当に景色が良く、モヤがかかっていますが、
関門海峡が見渡せます。

DSC04186.JPG

数日前に訪れた巌流島もばっちり全形を確認できます。

DSC04182.JPG

緑も鮮やかで気持ちが良いです。

DSC04184.JPG

ノビル。
これは食べることができます。
小さな球根は玉ねぎのような味がして、
葉の部分はネギと同じように使えます。
ただ毒を持つ植物なんかもあるので、
詳しい人に確認してから食べた方が良いかも。

DSC04203.JPG

DSC04205.JPG

後は門司港駅を目指します。

DSC04210.JPG

気持ちの良い緑の中を歩き、
締めは門司名物、焼きカレー。

DSC04217.JPG




posted by 河田 at 17:14| Comment(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。