2018年06月13日

モーラナイフを酢と紅茶で黒錆加工してみた


登山をするようになり、その流れでキャンプにも興味がわいてきました。
極論を言えば、無人島でサバイバルもしてみたい。
けど、そんな時間があるわけもなく、Youtubeでサバイバル系の動画ばかりみていました。






さすがにカメ五郎さんはレベルが高すぎて無理だけど、
ハイサイ探偵団の無人島生活はしてみたい。

そこで無性に男のロマンとも言うべきサバイバルナイフが欲しくなり、
アマゾンでポチッと購入してしまいました。
人差し指をちょっと動かしただけで物が買えるなんて、便利だけど怖い時代になったもんだ。

それがこちら。

DSC04220.JPG
モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (カーボン)

スウェーデン製で老舗の有名メーカーのようです。

値段もお手頃価格の1998円で購入。
買ったのはカーボン製(炭素鋼)、
つまりステンレス製より切れ味は良いけど、
ちょっとした水分ですぐに赤錆びが発生します。

というわけで、黒錆加工に挑戦。
錆に弱い炭素鋼の表面に、あえて黒い錆を発生させ、
赤錆の発生を防ぐということらしいです。
見た目もかっこよくなるんだとか。


準備したものがこちら。

DSC04227.JPG
お酢
日東紅茶3つ
空のペットボトル(500ml)



ナイフの表面に油が付いていると上手く錆がつかないので、
新品だけど洗剤できれいに油分を取り除き、乾かします。


DSC04230.JPG
空のペットボトルをナイフの部分が浸かるくらにカットします。
そして紅茶を煮出します。もちろん3つとも。

DSC04231.JPG
そしてカットしたペットボトルに、紅茶3、お酢1の割合で入れて混ぜます。
あとはそれに刃の部分を付けてひたすら待つのみ。


DSC04240.JPG
微細な泡が確認出来ます。
あれ、油も浮いてるような・・


DSC04246.JPG
調べた限りでは3時間で完成ということでしたが、
黒錆が薄いような気がして、一晩漬け込んでみました。
感覚的にだけど、高温で酢の割合が多い方が反応が早いかもしれないです。




そして次の日の朝。

DSC04255.JPG
液がどす黒く変色しています。
酸っぱいような変な匂いも。
刃をあげてみると、昨日寝る前よりは黒くなってる・・・のかな??

ドライヤーで乾かして完成。



DSC04235.JPG
加工前のナイフ
   ⇓
   ⇓
   ⇓
そして黒錆加工後
DSC04256.JPG


ほほー。
刃が黒いとなかなかかっこいい。
ただ根元の部分は油が残っていたのか、ムラになってます。



数時間後。
DSC04285.JPG
ん?
なんか錆てね??

まぁ使ってなんぼ。
目的もなく携帯していると銃刀法違反なので、
キャンプにでも持って行こうと思います。



posted by 河田 at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。